東京都民の家族葬のニーズは、どういったところから増えているのか

東京都民の生活はコンパクト

日本は、保険や葬儀にお金をかけすぎている国だと言われています。
日本では一回の葬儀に平均で300万ほど掛かってしまうのですが、海外だと葬儀にはそこまでお金をかけません。
つまり、日本人は海外から見ると「なぜそこまでお金をかけるのか」と疑問を抱かれてしまうほど葬儀にお金を遣ってしまっているのですが、実は最近では、「費用がかかりすぎる」ことを解消しようと、遺言に「家族葬にしてください」と書き添える人が増えているのです。

遺族に金銭的負担をかけたくないという思いが家族葬の費用に現れています

では、肝心の家族葬はどのような葬儀なのでしょうか?
家族葬とは、文字通り家族だけでおこなうお葬式です。
三人だけ、四人だけといった小規模なかたちで葬儀をおこなうので、身内だけで気兼ねなく故人を見送ることができます。
もちろん規模が縮小されれば葬儀代も小さくまとまるため、家族葬の場合は費用は数十万円程度で納まります。
つまり、家族葬というのは「身の周りの人にお金で苦労させたくない」という願いから生まれたものであり、最近では様々なところでニーズが拡大しているのです。

費用面のメリットが取り上げられがたいですが、遺族の精神的な負担が軽くなる面もあります

たとえば、家族だけの葬儀の場合は会食などにも気を遣う必要がないので、お食事代が最小限に収まります。
来る人来る人に挨拶をする必要もないので、「葬式疲れ」のようなこともありません。
さらに言えば、大きな祭壇を作る必要もないので準備も必要最小限で済みますし、そういった細かい家族葬 費用を最小限にまとめたいという方からのニーズもあるのです。
他にも「家族水入らずで、故人を見送ってあげたい」という精神的なニーズもありますし、様々なところで家族葬のニーズは広がっています。
単に「費用を安くしたいから」という理由で身内だけの葬儀を選ぶ人が主となっているのです。

しかし、「気持ちの負担が減るから」という理由で選択している方も多く、家族だけでおこなう葬儀の需要は、今後ますます高まりを見せるとされているのです。

最新記事