東京都で家族葬を執り行うメリットとデメリット

都心生活者のライフスタイルとマッチした家族葬儀

家族葬は近年、葬式を執り行う最もポピュラーな方法のひとつとして世間一般に広く認知されています。
密葬とも呼ばれています。家族を中心とした近親者のみの参列を重視しており、近年の日本人のライフスタイルにマッチしたものとなっています。
一般的な葬式と比べると費用も随分と抑えることが出来ます。核家族世帯や単身世帯の増加や地域との関わりが軽薄になりつつある近年において、家族葬が急速に広がったものとなっています。
一般の葬式の場合は参列者に対しての心遣いをする必要がありますが、家族葬の場合は故人との別れの時間を存分に確保することが出来ます。
参列者に対しても心遣いをする必要がなく、家族との時間を過ごすことが出来ます。

故人が遺言で希望するケースが増えています

葬式を行う家族の意向によって執り行われる場合もありますが、遺言によって故人が希望される場合もあります。
近年は故人の意思を生前に表明するケースが増えています。
故人の意思を尊重した結果、執り行われる場合が多く、遺された家族もそれに従い執り行われています。

家族葬にはメリットとデメリットがあります。

メリットとしては、料理や返礼品等のおもてなし費用が軽減出来ます。
大きな斎場を使用することがないので経済的であります。
たとえ町屋斎場のような大きな斎場だったとしても、小さな葬儀に対応してくれているので問題がありません。
葬式そのものに対する精神的負担は大きいものです。
精神的負担を軽減することが出来るのも大きなメリットとなっています。

後日、弔問客の対応が必要になることも

対してデメリットとしては、世間体や昔からの習慣を大切にする方から反対意見が出る可能性があります。
亡くなったことを知った方からの、後日弔問等の対応を必要とする場合があります。
家族葬を執り行うにあたっての説明と理解を求めておく必要があります。
どちらにしても故人に関係のあった方にはきちんと知らせておく必要があるということとなります。