東京都の看護師求人について考える

看護師になる方法とは?

看護師になるにはまず、大学で医学部を選考して医療に関する科目の授業をたくさん受けた後、看護師の資格を取る試験を受けて合格する必要があります。
しかし、バイトから入って看護師を目指す方も存在しており、自分が仕事をしている病院で看護師の修行を何年かしたら看護師として正式に認めてもらえます。
看護師は時期によって募集している数が極端に異なっており、看護師求人情報の一番多い時期が就職希望者が多い夏頃になります。

看護師の就職・転職はしやすい時期があります

一般的に就職活動と言うのは、大学3年の終わり頃に始めますが、看護師を目指す方の就職活動は大学3年の夏頃に始める方が多く、競争率は激しいので採用される数は限定されます。
大学生が病院で看護師の募集を探している方法はインターネットの中にある看護師求人サイトや求人情報誌を利用して自分が就職したい病院に何件か応募するのが基本となります。

看護師の採用試験と実力テストの実態について

看護師の採用試験は応募している数が募集よりも多い場合は採用試験の前に実力テストを行って応募者を減らす所もあります。
実力テストの内容は、看護師に関する問題が多いので普通の勉強だけでは解くことは難しいですが、出されている問題の半分以上を正解すると採用試験を受けることができます。
看護師の採用試験は筆記試験と面接の二種類行われ、筆記試験の問題内容は高校の時に習った数学の計算問題が応用で出てくる可能性があり、その後で病院の治療について文章で答える問題が出てきますが、この問題には正解は存在せず、自分の想像で答えるしかありません。
次に面接ですが、面接官の許可が下りるまでは入らず、ノックをして声をかけられたら扉に入るのが面接の常識になり、座る時は姿勢を正して顎を引き面接官の目を見て自分の志望動機を答えれば大丈夫です。