薬剤師業界の就職環境の変化と6年制移行の影響

薬剤師への憧れが大きい人は、多いです。

薬剤師になるためには、薬剤師の国家試験を受験して合格しなければいけません。
そのためには、専門の知識が必要になる薬学部に通い勉強をすることになります。
社会に出ても薬剤師の需要は大変多いです。
薬剤師の給料も良いのが現実で主婦になってからでも働けるというのはとても大きいです。
将来設計がきちんとできていて理系が好きで薬の事について勉強してみたいと考えている方は、薬学部がある学校を受験して勉強をし薬剤師の資格を取得してください。
大学を受験する際に卒業生がどこへ就職をしているかをみて決めるのも良いかもしれません。
薬剤師になると将来の安定は見えてきます。
ただそんな薬剤師の世界に大きな変動を起こした薬学部6年制という事件がありました。

周知のように、薬学部は2006年に6年制に移行しました。

そして、6年制課程を修了した卒業生は、2012年に、新しくなった薬剤師国家試験をはじめて受ける人になりました。
4年制から6年制への移行においては、2年間の間隙ができ、その間は、薬学部の卒業生がいないために、企業側の人事採用はとても大変だったようです。
その揺り戻しもあって、6年制の卒業生の採用枠は、多くの企業で広げています。
薬学部の卒業生は、これからしばらくの間は、就職に悩むことはないでしょう。

企業で働く薬剤師も増えてきています

他方、薬剤師の業界では、医薬分業が進み、薬局がこれまで増えてきましたが、ここにきて、その伸びが鈍化してきています。
これは、処方箋の電子化などで、今後薬剤師の業務が減ることとの関係で、今後は、薬剤師の業態にも新しいものが導入される可能性があります。
ところで、6年制の薬学課程は、医療技術の高度化や医薬分業がすすんだことに関連しています。
すなわち、それらに合わせた薬学教育が必要と判断されたのです。
それに合わせて、国家試験の内容も刷新され、問題数も大幅に増えることになりました。